枝豆の催芽蒔きにチャレンジ!腐らずに発根です

edamame-seeding1

こんにちは!
たかみんです。

トウモロコシと同様に、鮮度落ちが早くて、
採れたての味を楽しむ家庭菜園向きと言われる「枝豆」!

マメ科に属する枝豆は、他のマメ科の野菜たちと異なり、
ツルが伸びず、コンパクトに栽培出来ることもあり、
コンパニオンプランツとしても、よく利用されます。

今年、私が枝豆のコンパニオンプランツ効果を期待する組み合わせは、以下の2パターン。

・ ナス科のナス、ピーマン(生育を助け、味を良くする)

・ トウモロコシ(お互いの害虫を寄せ付けない)

今回は、第一弾トウモロコシのコンパニオンプランツ用を種まきします。
⇒ 第一弾トウモロコシのポット種蒔き!ヘソを挿して完了です

コンパニオンプランツとしての働きも期待しつつ、
子どもたちはもちろん、夫にも(笑)人気の枝豆を
「ずらし蒔き」で、長く収穫を楽しみたいと思います!

早生枝豆「白鳥枝豆」の種まき条件!催芽蒔きに初チャレンジです

科名 : マメ科
種まき時期 :4月中旬~6月
発芽適温 : 20~25℃

マメ科の種(豆)は、露地蒔きの場合、発芽までに鳥に食べられることがありますし、
まだ外気温が発芽適温に達していないので、ポット蒔きとします。

なお、昨年も同様にポット蒔きしても、
発芽までに種をいくつか腐らせてしまったこともあって、
実は、枝豆の種まきには苦手意識が…。

過湿だと種が腐ってしまうので、乾燥気味に管理しないといけないのですが、
ポットという限られた土壌水分管理が、実に難しくて…。

種袋には、「タネを水に浸してから蒔くと発芽しないことがある」と注意書きがありますが、
何事もチャレンジ精神で!「催芽蒔き」を試みてみました!

《 催芽蒔き 》
温度、水分などの発芽条件を整えて、発芽を促し、発根を確認してから植え付ける方法。
発芽までの時間を短縮出来る。

催芽蒔き4~6日目で発根を確認です!

4月9日。
早生枝豆、「白鳥枝豆」の種を10粒、催芽蒔きしました。

≪ 枝豆の催芽蒔き方法 ≫

1.種を1晩水に浸し、十分に吸水させる。

2.湿らせたキッチンペーパーの上に載せ、タッパーに入れる。
(水分が多過ぎないように注意)

3.嫌光性種子(発芽に光を要しない)なので、薄暗い場所にて管理。

4月13~15日(催芽蒔きから4~6日後)
edamame-seeding
10粒全てに、発根を確認です!
…まだ腐ってる種はなさそうです(苦笑)

早速、ポリポットに植え付けます。

根を折らないように注意して、そっと種まき用土に入れて、種まき完了!
edamame-seeding1

今回、覆土はしません

発芽までは、腐る可能性が高いので、ナシです。

ただ、その代わり、覆土をしないと、
根張りの際に種が浮き上がってしまうかもしれないので、
凹ませ気味に植え付けました。

これで、無事、全て発芽してくれるでしょうか?

枝豆は、2~3回のずらし蒔きを予定しているので、
自分なりのベストな種蒔き方法を模索してみたいと思います!

ランキングバナー

参加してます。読んだよ!の代わりにお願いします♪
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>