宿儺(すくな)カボチャの植え付け!ポタジェにどでかカボチャを転がします

pumpkin-plant

こんにちは!
たかみんです。

今年、種まきから始めた岐阜県飛騨地方の伝統野菜「宿儺(すくな)カボチャ」

http://takamin-life.com/sukuna-seeding/

すでに、苗は定植サイズまで育ってきていたんですが、
植え付けが後手後手になってしまいました…。

なぜなら、カボチャは実家で大量栽培予定なので、
我が家の菜園スペースも限られていますし、優先順位が下位なのです(苦笑)

それでも、せっかく育てた苗!
収穫出来た実は、ほぼお裾分け用になりそうですが、
特大サイズの収穫を目指して、植え付けです!

スポンサーリンク
レクタングル広告大

宿儺(すくな)カボチャの植え付け!本葉3~4枚が定植サイズです

4月6日。
カボチャ「宿儺(すくな)」の種を2粒、催芽蒔きをしました。

4月8日(催芽蒔きから2日目)
発根を確認し、ポリポットに植え付けました。

4月18日(催芽蒔きから12日目)
発根を確認し、植え付けてから10日近くかかって、や~っと発芽
数日後には、ポット上げをしました。

http://takamin-life.com/cucumber-sprout/

5月13日(催芽蒔きから38日目)
もう5月上旬には、本葉3~4枚の定植サイズまで育っていましたが、
やっと植え付け場所を決めて、植え付けです。

植え付け場所は、ポタジェ風に寄せ植え中の自宅の菜園スペースです。

1.20㎝程の植え穴を掘り、穴施肥する。
(牛ふん堆肥、鶏ふんを入れたのち、根が肥料に触れないように土を戻す)
broccoli-plant1
穴施肥にするのは、菜園スペースを有効に使うため、
畝立てはせず、ポタジェ風に寄せ植えする計画のためです!

2.ポットから苗をそっと取り出し、コンパニオンプランツのネギと共に植え付け
しっかりと土を寄せて軽く押さえて、たっぷりと水やり。

3.仮支柱を立て、麻紐で誘引し、乾燥対策として、株元をワラで覆う
pumpkin-plant

4.防寒、防風対策として、周囲4か所に竹支柱を挿し、肥料袋を使って、
「あんどん掛け」して、定植、完了!
pumpkin-plant2

この時期、風が強いですし、植え付けたばかりの苗が風で煽られて弱らないように、
防風対策はしっかり行います!

ちなみに、菜園スペースに1株、もう一株は市民農園の片隅に植えました(苦笑)

次の作業としては、本葉5~6枚目での親づるの「摘心」でしょうか。

カボチャ自体、ほぼ放ったらかし栽培でも、それなりに実が付くので、
親づるの「摘心」は、必ずしも必要ではないと思いますが、
とはいえ、全く実が付かなかったら悲しいですし、
今年も、「子づる3本仕立て」で栽培しようと思います。

ランキングバナー

参加してます。読んだよ!の代わりにお願いします♪
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>